FC2ブログ
Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
LEO's Before & After
ディープ・ソウル・シンガーLEOのライブ・レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
9月28日(日) 《LEODUO》 Bright Brown


ここ数年、夏の関西ライブか終わると、そこで1年に1回のお披露目を終えるというやや張り詰めた気分のせいか、軽い脱力とともに気持ちが一段落。
いつもなら、Bright Brown9月号ライブは心あらたに新学期…という位置づけになるのですが。。。。

今年はキレタね…私にしては珍しく。(爆)

まあ、今年の8~9月は、何やかんやと忙しく慌しくて疲労し切ってたこともあるのだけど、ここのところのいつにもない連投で気持ちを使い果たしちゃったのかもしれない。 (^-^;)

  『もう、音楽やめる!!!!!!』

。。。。 と叫んでしまったのである。 (@◇@)   



ほとんどのライブ、ブッキング自体は3~4ヶ月以上も前だし、当日どんな気分になってるかなんてお構いなしに、その時点では当然“やりたい一心”でブッキングしてしまう。そして、いざその日が来れば気合も入り、幸いなことに毎回楽しく他の場面では味わえないような至福の刺激を味わえているので、贅沢といえば贅沢すぎる愚痴なのは百も承知なんだけど。。。
今回ばかりは、疲れ果てて、さすがにへこたれていた。 

アマチュアのパートタイム・ミュージシャンである以上、自分の「やりたいという気持ち」以外に、音楽を続けていく拠り所はないわけだし、こういう性格でこの種の音楽なので(苦笑)、やるとなれば“流す”わけにもいかず“一球入魂”型になるしかないのだが、本当に自分が音楽が好きなのか疑わしくなる瞬間だ。

まあ、音楽やめても生きていけるような気はしてるんですけどね。
違う人間になっちゃうのは間違いないですが。


さて、最寄のスタジオがなくなってしまい、何とか見つけた新しいスタジオは、高いけど音も悪くないし、何よりいつでもすいてるのが唯一の利点(苦笑)。
ということで、今回、音を出したい一心で勇んで…という気持ちには程遠く、私にしては珍しく選曲のコンセプトも立てないままに、休日の前日になってようやく渋々スタジオ予約してリハーサルしてきました。

レパートリーとウエィティングリストの一覧表を眺めながら、
「さて、何をやりますかね。。。。」
 ↑ダラダラしながら(^-^;)
「…んー。まずは、フライング気味に投入してしまった前回の新曲の再検討から。。。。」
 ↑グズグズしながら(^-^;)

なぁんて、ぐずぐず音を出してるうちにですね、今までどうもイマイチ何かが足りないと思っていた曲に、天啓のように、問題点一挙解決と思われるアレンジのアイデアが湧いてしまった!
さあ、それからは、もうすっかり夢中。
一気にシアワセになって、盛り上がってしまいました。
しまいには、急に新しい曲やりたくなって、うろ覚えながら適当なコード譜をとりあえず書いて、「これもやろう!よろしくお願いしますっ!こんな雰囲気でできさえすれば細かい点については後でもいいから!」(爆)

何と現金な私なんでしょうか。

心配していただく価値もない女です。。。。


ということで、心新たに、9月号に向かいます!
皆様のご参加をお待ちしております! (2008.9.24)





夏の旅を終えて、久々のホームグラウンドでのLEODUO新学期。
たくさんのご来場、ありがとうございました!
今回、初めての方がとても多くて、小心な2人組は内心ドキドキ。。。
といいつつも、せっかく無礼講ライブができる機会を逃しては、と
第一部はいつもよりくどかった1時間15分、
第二部は予定より2曲削ったつもりがそれでも1時間20分。
そして、大騒ぎの中、ドサクサも満載(爆)
十分すぎるほど皆様との時間を楽しみました。

これから1年、また時間をかけて、反省すべき反省し、
コツコツ詰めるべきは詰めながらマイペースで続けていきます。

次回も皆様のご参加をお待ちしております!

今回はこんな人たちの曲をお届けしました

I
1. Aretha Franklin
2. Bettye Swann
3. Mary Wells
4. Irma Thomas
5. Slim Harpo
6. Jimmy Reed
7. Al Green
8. Annette Snell
9. Barbara Lynn
10. ????
II.
1. James Brown
2. Nina Simone
3. Billy Preston
4. The Contours
5. Irma Thomas
6. Sam Moore
7. Bob Marley
8. Lauryn Hill & Tanya Blount

E1 Otis Redding
E2 The Staple Singers




I
1. Oh Me Oh My、 2. Yours Until Tomorrow、 3. The One Who Really Loves You、 4. Ruler Of My Heart、 5. I've Been Your Good Thing、 6. Honest I Do、 7. How Can You Mend A Broken Heart、 8. Promises Should Never Be Broken、 9. You'll Lose A Good Thing、 10. Bridge Over Troubled Water
II.
1. Ain't That A Groove、 2. I Want A Little Sugar In My Bowl、 3. The Same Thing Again、 4. Do You Love Me、 5. Old Records、 6. None of Us Are Free、 7. No Woman No Cry、 8. His Eye Is on the Sparrow 
//E1 I've Been Loving You Too Long、 E2 I'll Take You There


personnel:
LEO(vo), 小堀(正)誤g
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。