Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
LEO's Before & After
ディープ・ソウル・シンガーLEOのライブ・レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
9月18日(木) 《塩次伸二ライヴ : STEPS IN SEPTEMBER》 FJ's


fjs.jpg
6月の第一弾があまりに心地よく、是非また、とお誘いいただいていたこのユニット。
欲深な私は、建設的な構想が無いままに、前回のあの空気感の記憶のみを頼りに「もっと」を目指して新しい候補曲を選んでしまいました。
OKが出るかどうかは、伸ちゃん、岡さんによる当日のチェック待ちですが、私自身は密かに燃えています。(^-^;)

FJ'sは、自らもミュージシャンであるオーナー深町純さんが、『音にも食事にもこだわって居心地の良い場所を!』というコンセプトで始められたお店。
その居心地良さは、私も、前回、音・お食事ともに体験済みです♪ 
すわり心地の良い椅子も魅力の1つ。ゆったりしていただけますよ。
えーと、一応、ここでは、私は暴れない予定ですし…(爆)。

皆さま、是非、ご来場下さい!
お席に限りがありますので、よろしければご予約を♪。(2008.9.15)

----------------------------------------------
●9月18日(木) 《 STEPS IN SEPTEMBER 》 
 塩次伸二g,vo、 岡雄三 b、 LEO(guest vo)
 open: 18:30~ /start : 19:30~  \3,500
 中目黒 Cafe & Livespot FJ's   tel : 03-3760-2825
 http://fjs.fukamachi-jun.com/
----------------------------------------------
fjs-map.gif






080918_shin


groovyなブルースとジャズでお届けするオトナの夕べ…
なんちゃって。わははっ、ホンマかいな。

このユニット、音がA級になること間違いなしのメンバーなだけに、私としては珍しく相当の緊張感と刺激の中で、それでも素晴らしい音に包まれて今回も音楽を楽しむことができましたが、一夜あけてぼんやり思い出すと、昨夜もまたもやかなりの暴言を吐いた記憶がうっすらと…。うっ。 本当にオトナらしくふるまえたかはゼンゼン自信がありません。
最後までちゃんと座ったままで歌いきったものの、椅子の上で相当モゾモゾ・ジタバタしていたとのご指摘も…(爆)

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
伸ちゃん、岡さんのお2人ともツアー明け。私は私でここ2週間バタバタ飛び回っていた中でのライブでしたが、頑張ってやってよかった。
今回も、深町さんにも何曲かご参加いただき楽しいセッションとなりました♪

080918b.jpgさて、今回、何だか妙に気合入って新しい候補曲を5曲も持ち込んでしまいましたが、リハーサルで各曲をチェックしつつ、さすがにこんな短時間で全部はムリ、と判断(苦笑)。1曲を諦めて4曲を投入。
前回の結果を受けてお客様からリクエストなどもいただいていたし、この3人でのあり方の相性を探るためにかなり色んなタイプの曲を取り混ぜてみたつもりですが、ハラハラドキドキの面白い瞬間満載でした。

080918a.jpg何しろ、伸ちゃんも私も“決め事”が超苦手(特に私の場合は、歌い始めたら小節数が数えられなくなるという基本的な欠陥が…)と来ているので、リハで一応の構成は決めておくものの、いざ本番になれば、その時の音の流れを大切に、結局はすべてを合図だけでつないでいくことになる(爆)。とはいえ、岡さんは何があってもガッチリついて来てくれるので、不安はなし。本当にありがたいことです。
特に、 Ain't Nobody's Buisiness、 My Sweet Lord の2曲は、最終的にどんな形に収まるのかわからないまま放し飼い状態でしたが、これがまたセッションの醍醐味でもあったりして、とても楽しかったです。

080918c.jpgそして印象深かったのは、深町さんにも参加していただいた What A Wonderful World。
私の持参した怪しげなコード譜をお渡しして飛び入りしていただいたのだが、シャーーっと音がなった途端に、一気に視界が10倍ぐらい広がったような気がして、イントロでしばし陶酔(笑)
終演後、『次回はもっと他の曲も…』と言っていただいて、緊張するとともに次回が楽しみです♪


さて、前回私が注目していた岡さんの機材類。今回は、残念ながらツアー明けで楽器車の戻りが間に合わず、岡さん曰く、“一番愛用のベース”1本にての軽装備(笑)
何と、本当はアップライト・(エレキ)ベースを持って来て下さるつもりだったのだそうですが、これは次回のお楽しみ。
そんな話もしながら、終演後は深町さんを交えて、マイク、ギター、ベース、ピアノについての楽器談義で時間がたつのも忘れ、またもや終電ギリギリで帰宅しました。


また先になってしまうと思いますが、次回もまたこの場所で、このメンバーで!
次回もよろしくお願い致します。
皆様のご来場をお待ちしております。

Lady Soul LEO web PHOTOsへ
photo by chie / N.Morishima

※ 前回ライブの模様はこちら


I .
1. Stumble [塩次g、岡b]
2. Workin' In A Colemine [塩次vo,g、 LEO(cho)、岡b]
3. Mama, He Treats Your Daughter Mean [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
4. Women Be Wise [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
5. No Matter How She Done It [塩次vo,g、 LEO(cho)、岡b]
6. That's Him Over There [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
7. Funky Broadway [LEO(vo)、塩次g、 岡b+深町key]
8. Baby What You Want Me To Do [塩次vo,g、 LEO(cho)、岡b]

II.
1. G inst [塩次g、岡b]
2. I Can't Be Satisfied [塩次g,vo、岡b]
3. Exactly Like You [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
4. Ain't Nobody's Business, If I Do [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
5. Ride Your Pony [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
6. I'd Rather Go Blind [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
7. My Sweet Lord [LEO(vo)、塩次g、 岡b]
8. What A Wonderful World [LEO(vo)、塩次g、 岡b+深町key]

E. Got My Mojo Workin' [塩次vo,g、 LEO(cho)、岡b+深町key]

personnel:
塩次伸二g,vo、 岡雄三 b、 LEO( guest vo)、 *飛び入り: 深町純key
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。