Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
LEO's Before & After
ディープ・ソウル・シンガーLEOのライブ・レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
6月28日(土) 《LEODUO》 Blue Heat


【追記】 
今年8月で開店10周年を迎える渋谷Blue Heat。
渋谷駅周辺の大規模地域開発計画が進行中のため、残念ながら今月より立ち退き(移転)のための条件交渉に入っているとのことです。
年2回のライブをBlue Heatで、ということで、LEODUOでは年内は12月にもブッキングいただいていましたが、もしかすると、渋谷では今回が最後のライブ、ということになってしまうかもしれません。

渋谷駅から徒歩5分という好立地。スピーカーも大きくて音がいい。
渋谷Blue Heat の音を体験されたことのない皆さま、この機会に是非! ( 2008.6.25 )




年に2回LEODUOでお邪魔している渋谷ブルーヒート。
演奏させていただくのも今回で4回目となりました。

毎回、中野ブライト・ブラウンでの定期ライブより、多少ソウル寄りの選曲でお届けしています。
半年に一度なので、なるべく毎回選曲を入れ替えるつもりでやってきましたが、4度目ともなると早くも限界が…(笑)

ということで、今回は、色々な縛りを外して、ここのところ歌ってなかった好きなディープ系バラードを久々に全部歌っちゃえ、という方針で選んでみたら、あわわ、ちょっと重めになりそうな予感。(@◇@)
もしかしたら、今月はライブ3本目という並びの中で、泥臭い曲をあまり歌ってないというバランス感覚かも…(笑)。

こんな曲ばっかりで全体のストーリーとしてうまく並ぶかなぁ、と多少の懸念もありますが、ま、いいか。当日まで曲順で頭悩ましそうですが、多分この線でやってみます。
そして前回ちょっとお披露目してみたベースと歌による 『ベース・デュオ・コーナー』 も、今回は少々増量でお届けする予定。
Bettye Swann、Barbara Lynn、Irma Thomasの曲は必ず、という基本姿勢も変わりません♪

お出かけライブなのであまり冒険はしないつもりです。
とはいえ、LEODUOは、もともと完成を目指さず、常に HYPER A GO-GO の精神でいくことにしているユニットなので、もしかしたら何かやらかしてしまうかもしれません。
いや、実は、してしまいそうな予感がしています。
本人たちはいたって真剣、ふざけてるつもりはないんですが…(苦笑)
そんなこんなも全てひっくるめて楽しんでいただけたら幸いです m(_ _)m


今回も、お出かけ用フライヤーは blues'n curtain さんの 『ソウルLPジャケ』 シリーズ。
いつもありがとうございます!
おお。今回は、珍しく白基調。
フライヤー通り、梅雨の時期をさわやかに…ということになるでしょうか?? 
…ううっ。多分ならない(笑)

皆さまのご参加を心よりお待ちしております! (2008.6.23)





たくさんのご来場ありがとうございました!
いつもの皆さま、初めての皆さま、入り乱れて、温かい雰囲気の中、音楽にご参加いただき嬉しかったです!
今回は、特に、ソウル専門家で、しかも初めてLEODUOを見ていただくお客様が多くて緊張
加えて、米国人の方、帰国子女の方、留学帰りの方とnative tongueの方も多くてさらに緊張
でも、そんなことでひるむ私ではありません。態度は相変わらずデカイ(苦笑)
たとえ緊張しても、私にできることはただひとつ。
いつも通りHYPER A GO-GOの精神で黒人音楽探求の旅を貫かせていただきました(爆)

そろそろBlue Heatでのライブにも馴染んできて、地が出てしまう場面もありましたが、こんなにご一緒に歌ったり叩いたりいただけたら、本当に幸せ
LEODUO冥利につきます!なにせ、皆さんとご一緒に音楽を楽しむ場を作りたくて立ち上げたセットですから。
これからもどんどんと音楽の輪が広がっていくことを楽しみにしています!
どうぞご自由なお気持ちで、そしてリラックスして音楽にご参加いただきますよう。

今回は少々ディープ・バラード多目でしたが、それ以外はかなりごちゃ混ぜ(笑)
それでも、どれもこれも、本気で好きで歌っています。

今回お届けした曲たち、まずはいつも通り、シンガー名から。
I部II部
1. Barbara Lynn
2. Mary Wells
3. Fontella Bass
4. Jackson 5
5. Erma Coffee
6. Joe Tex
7. Bettye Swann
8. Loleatta Holloway
9. Barbara Lynn
1. Quiet Ellegance *
2. Baby Washington *
3. Ruth Brown /Jean Wells *
4. T-Bone Walker *
5. Esther Phillips *
6. Irma Thomas
7. Irma Thomas
8. Bob Marley & Lauryn Hill
9. Etta James

E1. Nina Simone / Irma Thomas
E2. Impressions

*= with bass


いやぁ。それにしても時期尚早と思われたアノ曲、やっぱり時期尚早でした。
4ビートはやっぱ難しいわ。
わはは。我ながらカッコ悪かった(爆)
これはひとえに私の不徳のいたすところ、大変、ご無礼致しました。
でも、いいの。これが私なんだから。
これはこれで、皆さまには、今後の成長を見守っていただく第一歩となったはずで。
もちろん精進致します。いつか円熟の暁には、『実は、初期のダサい頃、見たことあるんだよ。ヒヒッ。』ってせいぜい話の種にして下さいませ。
今回見ていただいた方の特権です。(笑)

そして、何卒、広いお心と、温かく長い目をもって、今後とも末永くご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

----------
さて、Blue Heat、HPに7月のスケジュールも無事アップされたようですので、7月の営業は安泰と思われます。
それでも、油断してはいけません。
時期は未定ですが、移転は確定です。

今回も、終演後、Bar-timeに軽食いただきながら、あの重厚で豊かなサウンドで、上質のレディ・ソウルの数々を聴かせていただき、気持ちの良いひとときを堪能させていただきました
特に渋谷Blue Heatを未体験な皆さまは、是非是非お早めに!

Blue HeatでのLEODUOライブは年2回。
次の12月は、果たして再び渋谷か、それとも、心あらたに移転後の新しいお店か。
いずれにしても楽しみです。
皆さまのまたのご参加を心よりお待ちしております!


I. - 1. I'll Suffer、 2. My Guy、 3. Soon As I Touched Him、 4. I Want You Back、 5. You Made Me What I Am、 6. I Gotcha、 7. Yours Until Tomorrow、 8. Cry To Me、 9. Give Me a Break

II. - 1. Mama Said *、 2. I'm Calling You Baby *、 3. ~Try Me & See *、 4. I'm Still In Love With You *、 5. Cry Me A River Blues *、 6. Ruler Of My Heart、 7. Old Records、 8. No Woman No Cry、 9. Sugar On The Floor
//E1. I Wish I Knew How I Would Feel To Be Free、 E2. People Get Ready

*= with bass


personnel:
LEO(vo), 小堀(正)誤g,b
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。