FC2ブログ
Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
LEO's Before & After
ディープ・ソウル・シンガーLEOのライブ・レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
9月8日(土) 《 GATE Mania、special guest featuring LEODUO 》 マルディグラ


Clarence Gatemouth Brown が大好きな小GATE Exepress(コゲイト・エクスプレス)の
皆さんが、毎年、Gatemouthさんの命日(実際は9/10)に主催しているイベント
《 GATE Mania 》にゲストとしてお招きいただきました。

------------------------------------------------------------
●9月8日(土) 《 GATE Mania、special guest featuring LEODUO 》
LEODUO [LEO(vo), 小堀(正)誤g ]
小GATE Exepress [naoki(g)、西村雄介b、須田義和ds、多々羅智子pf、
上野まことsax、石原由理tb、aya(tp)]

自由が丘 マルディグラ  tel : 03-3722-6892
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/
世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1
------------------------------------------------------------

私たちもGatemouth大好き!ということで、LEODUOで常々取り上げたいと思っていた候補曲もいくつかあるのですが、この日に間に合うかどうかは未定。“Gatemouthマニア”の皆さん相手にご披露する域にはちょっと無謀かも~(爆)、ということでただいま検討中です。間に合わなければ、いつものLEODUOで…。
(でも、今回間に合わなくても、そのうちには必ずやります。私の知る限り、今まで、周辺では誰もやってるの聴いたことない変な曲を変なアレンジで決行する予定。構想だけはできております。あはは。お楽しみに♪)

とはいえ、久々のマルディグラも楽しみ、コゲイト・エクスプレスの皆さまとのセッションも楽しみにしています。
お近くの方、是非お越し下さい! (2007.9.5)





昨年8月以来、約1年ぶりの自由が丘マルディグラ。
名前の通り、ニューオリンズ音楽が好きな方たちが集まるお店です。

ブッキングお受けした時点では、『日程ちょっと詰まってるけど、大丈夫、行ける』、と踏んでいたものの、いざとなってるみと、9月に入ってからはさすがに少々バテ気味だった私。重た~い身体をひきずって店に到着した頃はどうなるかと思っていましたが、一旦音を出せばやっぱり元気百倍(苦笑)。アホなのか。

対バンの個性を考えて、ということもあったけれど、ここのところのライブでソウル系バラード主体の選曲が続いていたことに対する潜在的な反動なのか、今回選んだ曲たちは、なぜかリズム物が多くなってしまった。LEODUO先発。LEODUOの演奏としては、決して出来の良い方とはいえず(トホホ)、かなり粗かったと思うけれど、元気だけはあり相変わらず音デカイ(爆)。
満席のご来場、先週の反省から、今回は十分足りそうなぐらい大袋に詰めた鳴り物も用意してよかった。初めて見ていただく方々にも快く参加していただけて一安心。

そして、この日は、また新しく素晴らしい音楽仲間、小Gate Expressのメンバーの皆さんにもお会いできて楽しい一夜となった。

昨年に続きこのイベントのためだけの顔ぶれとのことだが、そうとは思えぬ、まるでバンドのような一体感。ピアノ、トロンボーン、トランペットが生音、という環境の中、多様なリズムにスパッと対応しつつ全体の音量をうまくコントロールしてるドラムと、音が低くてグイグイ押してくるベースによるリズセクは抜群の安定感。ピアノはこの日ダブルヘッダーとのことで、本番からの参加なるも、ヒョイっと座ったとたんにその安定感をがっちりと固めるプレイ。ホーン3管はセクションとしてビシッと揃って重厚であるとともに、ソロもそれぞれの個性抜群。サックスは、このメンバーの中で一番の若手とのことだったが、古臭いブロウの音が良くて気持ちよかった。そして、今回私が初めて出会いちょっとびっくりしたのが、トロンボーン+トランペットの女性お2人。生での地音がデカくてしっかりしている。伺えば、トロンボーンの石原由理さんはニューオリンズ・ブラバン・スタイルを踏襲するあのピリカラザリガニ団の親玉(団長)だというし、トランペットのayaさんはその妹分らしい。なるほど、ストリートで鍛えてきた音なんだ。間違いなく“身体で音楽をする”ことを信じているタイプで、私と同じ匂いがする(笑)。思わずにんまり。
そして、発起人の“ゲイトマウス”役も、マニアだけあって、トーンもフレーズもゲイトマウスの音でした。個人的にはギターの音がちょっと小さかったのが残念でしたが。

最後に組んでいただいたセッションでは、マニアに対抗して私なんぞがゲイトマウスの曲を歌うのは時期尚早と判断して、それならばと、ホーンセクションもあることだし彼らのもう1つの音楽母体であるニューオリンズ音楽に的を絞って大正解。さすがに実力者ぞろいのプレーヤーの皆さま、短時間のリハ中で仕掛けもキチッと決めて、ホーンアレンジもどんどん進めてくれるし、本番では、腕の一振りだけでガンガン付いて来る、付いて来る、さらに、押しまくる、弾きまくる、吹きまくる!
個人的に何より嬉しかったのは、用意していったJessie HillのバージョンによるOoh Poo Pah Doo冒頭の歌の掛け合いによるピックアップ部分。私はもともとバンドの方たちにコーラスをしていただけると、よりコミュニケーションがとれる感じがするので、別に歌が専門でなくてもいいからガーっと行っていただくのが大好きなのだが、これまでの経験では、楽器演奏者の方たちはもちろん楽器が専門であるから、大きな声を出すのをためらわれる方が多い。そのため、初めてご一緒する方たちの場合にはそのような声による掛け合いなどは敢えて無理にお願いしないことにしている。で、今回もこの部分、最初は私の歌いかけに対するレスポンスとしては、ホーンの吹き鳴らしで…とお願いしてみたのだが、1回やってみた後、石原さんがボソッと一言、『あのー。ここの部分、声で入れてもイイッスか?』。…イイッスか、どころぢゃありません。実はそれこそ私が本当に望んでいることでありました。感激!そして、横で大きな声で無心に吼えている彼女たちの声を聞きながら、今回も、女性プレーヤーたちの勢いの良さを満喫した私でした。気持ちよかった!カッコよかった!ばんざーい!

終演後、『歌うのって何だかすごく楽しそうですね』…とお客様のおひとりに声をかけていただいた。それはもう楽しいですよ…そこに皆さんがいて下さればね。これが私1人では全然楽しくないと思います。わははっ。特にLEODUOでお届けしたいと思っている音楽というのは、人の輪、これが原則です。まずは演奏する側が一体になれること、そして聴いていただく方もそれと一緒になっていただけば、それこそが至福。
皆さまあってのLEODUO、今後とも皆さまのご参加を心よりお待ちしております!

1. I Can't Stand The Rain、 2. How Can You Mend A Broken Heart、 3. Iko Iko、 4. Mama, He Treats Your Daughter Mean、 5. Turn Your Lights Down Low、 6. Break-A-Way、 7. Who Do You Love~It Don't Mean A Thing、 8. People Get Ready
*session
1. Don't Mess With My Man、 2. Ooh Poo Pah Doo ~Land of 1000 Dances


personnel:
LEO(vo), 小堀(正)誤g

小GATE Exepress [naoki(g)、西村雄介b、須田義和ds、多々羅智子pf、上野まことsax、石原由理tb、aya(tp)]
Comment
≪この記事へのコメント≫
ありがとうございました。
LEODUOさんに協力して頂き、楽しいライブができました。もう少し自信もってハッタリかませるようギターの稽古に励みます。また、機会あればご一緒させてください。
2007/09/11(火) 10:52:21 | URL | コゲイト・ナオキ #-[ 編集]
こちらこそありがとうございました。
マルディグラお疲れ様でした。

バンドの皆様は初めての顔合せでしたが、セッションも楽しかったですねッ!
二人きりのLEODUOとしては、3管バンド、しかも体を張ったニューオリンズ・サウンドがうらやましかったですねえ。。。

年に1回といわず、またライブ演ってください。
私もTake The A Trainのギター練習しようかなあ~。勿論コゲイト樣以上のハッタリをかましますよッ(笑)

2007/09/11(火) 19:00:59 | URL | 小堀(正)誤 #-[ 編集]
コゲイト・ナオキ様
お疲れさま&ありがとうございました。
肝心の“ゲイトマウス・ブラウンを偲ぶ”内容としては
当初の懸念通り(?)LEODUOはお役に立てませんでしたが、
聴く側としてコゲイトの演奏、楽しませていただきました。
そして、やっぱり一緒に音楽できたというのが楽しかったです。
こういうのは、必ず毎年やる、というのが大切。
来年も頑張って下さいね。
2007/09/11(火) 22:47:32 | URL | LEO #ciZ.EuIc[ 編集]
お疲れさまでした!
非常に遅くなって恐縮ですが、
マルディグラ、お疲れさまでした!!

とっても楽しかったです。
デュオって、スリリング&リラックス(ヘンかな?)でいいですね。
その場感がタマラナイです。

また吼えたいので、機会があったら
是非誘ってください!!
ではでは、また!
2007/09/27(木) 03:13:04 | URL | 団長いしはら #814sIPJ6[ 編集]
団長いしはら 様
うほほーいっ! 連絡ありがとう!
こちらこそ、マルディグラ ご一緒できてとても楽しかったです!
出会えて良かった!

> デュオって、スリリング&リラックス
うはは。この日のLEODUOは妙にお互いの息が読みきれず、
スリリングひとしおでしたけどね(爆)
でも気に入っていただけて嬉しいです。

是非是非、機会があれば、一緒に何かやりましょう。
きっと面白いことができると思うよ。
楽しみにしています!
2007/09/27(木) 23:35:48 | URL | LEO #ciZ.EuIc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。