Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
LEO's Before & After
ディープ・ソウル・シンガーLEOのライブ・レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
1月31日(日) 《LEODUO》 Bright Brown



年末年始の慌しさからFJ'sの年明け初ライブ、とバタバタした日々が続いて、頭の中がクルクルになってましたが、ここ2~3日、久々にスッキリの小休止。

一昨日の土曜日には6時間のソウル・レココン参加、翌日曜日はMitty Collierコンサート鑑賞、と、立て続けに強烈な音楽的刺激を受けて、何だかすごく “やらなきゃ♪” っていう気分になっています。
うーん。この高揚した音楽に向かう気持ち、週末まで持てばいいけど・・・(爆)

昨年のLEODUOは、後半、少々失速。 (>_<)
睡眠不足が続いて身体も頭の中も疲れ果てて、音楽やめたいと愚痴る回数も倍増。
とはいえ、そんな状態でも、歌っている瞬間の気持ちだけは信じられるものだったのでそれに縋るように、そして、一生懸命聴きに来て下さる方がある、応援して下さる方がある、というのを支えに、何とかギリギリの状態でライブを続けることができましたが、残念ながら、新しい曲に取り組む余裕は全くありませんでした。

元気な今日あたりは、久々にかなり前向き(現金なヤツ)。
今回、一気に7曲の新曲投入を目指しています。

とはいえ、問題はリハ状況。
普段、LEODUOでは、新曲投入の場合、ライブの2週間前までに選曲ピックアップ、その後、1週間、私とアヤマチさんそれぞれで個人練習しておいて、1週間前のスタジオリハ3~4時間で曲を練りこむ、というペースなのが慣例。
でも、今回は24日のMitty Collierコンサートを見たかったので、スタジオリハはその前週にとってしまった。
つまり、お互いにまだ曲の把握も不確かなヨレヨレな状態での4時間リハだったわけで、個人練習はそれぞれまだまだこれからです(笑)

間に合うのかいな。。。
いやっ。頑張ります。・・・・んーと、、、できるだけね。。。(^-^;)。

特に私としては、初めての“可愛い曲”路線で、今まで使ったことのない声の開発にチャレンジするつもり。
わはは。是非、笑いに来てね♪

皆様のご参加をお待ちしておりますー。m(_ _)m (2010.1.25)

----------------------------------
●1月31日(日) 《LEODUO》
 LEO(vo), 小堀(正)誤g
  open: 19:00~ /start : 19:30~  \1,500
  中野 Bright Brown

中野区中野5-59-9 2F JR中野駅北口徒歩2分
サンモール内、右側コージーコーナーの角を右に入った路地の左手。
割烹「季味也」2階 tel: 080-3024-4685
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/
----------------------------------


【追記 :2010.1.30】 ★お知らせ★ Bright Brown のPA、新調されました
ブライトブラウンからの1/26日付けメールにて、今までのPAが故障のため新調しました、という連絡をいただきました。

今回LEODUOライブは、折悪しくまだ慣れない新曲を増やす予定のため、練りきれていない曲で不器用な私が新PAを上手に調整できるかか多少の不安はありますが、そういいつつも、大味な私の本音としては、私たちがとやかく言う問題ではなく、現場処理で最善をつくすしかない。
とにかく個人的には何がなんでもやるっきゃない。
PAやアンプの状態も重要な要素ですが、私にとって一番大切なのは、機械系以前にどれだけの自分ができるか、ということが最優先なので、気分的にはあんまり気にしていません。

とはいえ、気になるのは、聴いていただく方には、そうでもないかもしれないこと。
もし、トータルの音世界としてコケたら、その場合はお許し下さい。
それはひとえに演奏者側の能力の問題ですから。
で、ひとつ、長い目で。。。まず体験してみたから、今後善処していきますm(_ _)m

それにしても、Bright Brown ライブ、定期化していよいよ5年目に入ります。
思えば最初は、スピーカーは1個しかなくモノラルでした。
これはこれで大好きな音でした。ものすごく生っぽかったから。
3年前からステレオになり、しかもその後スピーカーの特性が変わった時、音は一気に新し目に様変わり。 この時には、ちょっと四苦八苦しました。
新しい音についていけない古臭い女。。。

この流れ、まさに、黒人音楽の進化の変遷を辿ってるようですね(笑)ぎゃはは。

ということで、多少の不安とともに言い訳がましかったかもしれませんが、もちろん最善を尽くします。
よろしくお願いい致します。
そして、お客様にも、そこらへんご承知の上、面白がっていただけたら♪

でも、逆に、もしかして、すごく相性のいいPAになってたとしたら、という可能性もあるよね。。
さあて、吉と出るか。ものすごく気に入るか、半々の勝負。
マイクも2~3種類持っていこうかな。
楽しみです♪ (2010.1.30)





ご予定の重なるお忙しい中、ご来場いただき本当にありがとうございました!
2010年のLEODUO定期ライブ、今年も無事に幕をあけることができました。

またまた皆さんの大笑いのタネになるようなことをしでかしておきながら、
こんなに幸せなのは何故なんでしょうか。
LEODUOの本望です。
気付いたら、第一部で60分、第二部で90分やってました。
もうどうにも止められませんでした。長々とゴメンナサイ。。。。

でも、楽しかった!
これもひとえにご一緒に音楽にご参加いただいた皆様のお陰と感謝の気持ちで一杯です。
今回は、結局5曲の新曲をお披露目。
ドサクサ満載ながら、個人的には色々な手ごたえのかけらもあり。
これからチビチビと精進致します。

えー。本日、私はダブルヘッダーで、朝早かったもので、さすがに現在ブラックアウト寸前です。
いつも通り、セットリストのみアップしました。
詳しくは近日中に。  (2010.2.1)

※→【もっと詳しく!】 は コチラから

今回は、こんな人たちの曲をお届けしました。( * は、初お披露目曲)

I.
1. Aretha Franklin / Irma Thomas
2. Irma Thomas
3. Mary Wells
4. Jackie Moore
5. Lee Dorsey *
6. Doris Duke
7. Bettye Swann *
8. Fontella Bass
II.
1. O.V. Wright
2. Elvis Presley
3. Johnny Guitar Watson
4. Barbara Lynn *
5. Dorothy Love Coates
  & the Gospel Harmonettes *
6. Smoke
*. ギター修理中にアカペラ 
  Dixie Cups *( w/ Ms.tamarinda.)
7. Sam Moore
8. Quiet Ellegance
9. Otis Redding *

E1. Tracy Chapman / Bettye Swann
E2. Impressions


I - 1. Oh Me Oh My、 2. Cry On、 3. The One Who Really Loves You、 4. Sweet Charlie Babe、 5. Everything I Do Gonh Be Funky、 6. I Don't Care Anymore、 7. Time To Say Goodbye、 8. Soon As I Touched Him

II - 1. Don't Let My Baby Ride、 2. Don't Be Cruel、 3. Honey、 4. People Like Me、 5. Prayin' Time、 6. I'm So Lonely、*. Chapel Of Love (アカペラ w/ Ms.tamarinda.) 7. None Of Us Are Free、 8. You've Got My Mind Messed Up、 9. Try A Little Tenderness
// E1. A Change Is Gonna Come、 E2. People Get Ready

personnel:
LEO(vo), 小堀(正)誤g
[ 1月31日(日) 《LEODUO》 Bright Brown ] の もっと詳しく!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。